2010年08月08日

約12畳から約6畳

次女がすこしおねえさんになってきたようでひとりでベットで寝ると言い始めたので家を建てるときに先を見越して2間続きの子供部屋を分けることに

材料
2×4材3m 2本
    2.5m 4本
9mmベニヤ(スペーサー用)1820×910 1枚
9mm石膏ボード1820×910 9枚
4m巾木 4本
4m廻り縁 4本
新築時残壁紙7m
不足分壁紙7m
壁紙用のり
ビス数種類適本数

では工程
材料はこんな感じ
IMG_10771.jpg

床から天井までの長さを4本
両壁の間の長さ2本を切ります
IMG_10782.jpg

4方を互いに押し付けるようにきつめの材木をいれ垂直を測り組み立てます
IMG_10803.jpg
今回のポイントは既にある壁や柱に釘やビスを打たずに作る事、
将来子供が出て行ったとき、また2間続きに戻したとき床や壁に穴があかないようにです。

さすがに新しい材木同士はビスで固定します
そして壁紙を貼る為の下地に石膏ボードを貼ります
IMG_10814.jpg

石膏ボードのビス頭やつなぎ目の凹凸を均すためにパテ埋め
IMG_10825.jpg

壁紙を貼る前に四方巾木・周り縁をつけます
IMG_10846.jpg

最後にパテの凹凸をサンドペーパーで均し刷毛を使いながら壁紙を貼っていきます。
ポイントはのりを壁紙の裏に塗ったら10分ほど置き壁紙が水分による縮みなどが治まったら貼り始めます。
上下左右少しだけ伸ばして貼り金属へらを使って巾木などの際で切り落とします。
壁紙同士のつなぎ目は少し重ねて2枚一緒にカッターで切り1枚目2枚目の余分なところは取り去るときれいなつなぎ目になります。
IMG_10877.jpg

壁紙はシールタイプとのりタイプが売っていますが初心者はのりタイプがお勧めです。
シールタイプはかなり一発勝負的要素がありますがのりタイプは短時間でしたら貼り直しや微調整ができます。
posted by シマケン at 21:48| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | マイホームへの道改め快適生活への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごすぎ!・・・(;゚Д゚)・・・

あいあいちゃんはどこを目指してるんですかっ!
Posted by しず at 2010年08月10日 23:12
>しずさん
あいあいはすでに自分の手を離れ一人歩きを始めています・・・
Posted by シマケン at 2010年08月11日 11:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。